« 2016年8月 | トップページ

2017年5月10日 (水)

好きな歌謡曲 その3 麻丘めぐみ:アルプスの少女

南沙織の次にハマったアイドルが、麻丘めぐみでした。「お姫様カット」と呼ばれる特徴的なロングヘアで、可愛いルックスもさりながら、デビュー曲の「芽生え」からずっと、千家和也作詞、筒美京平作曲というコンビで作られてきた楽曲群に、私は虜になってしまったのですが、特に好きなのはシングル3曲目の「女の子なんだもん」と、6曲目のこの曲かなあ。5曲目の「私の彼は左きき」が世間的には一番知名度のあるヒット曲だと思いますが、私はさほど好きではありません。左ききの「ナニナニするときも」というのを羅列しただけで、あまり工夫のある詞だとは思えませんでした。

「アルプスの少女」千家和也作詞、筒美京平作曲・編曲、1973年10月15日リリース。

有名なアニメ「アルプスの少女ハイジ」は1974年の放映なので、麻丘めぐみのほうが数か月早く、便乗商法というわけではありません。アルプスホルンのイントロから始まって、アコーディオンの使い方とか、伴奏のストリングスのフレーズ(エンディングが特に見事)とか、楽曲として素晴らしいと思います。千家さんの詞も、特に凝ったものではないけれど、ほのぼのとしていいなあ。一般的にはあまり記憶されている曲ではありませんが、私の一押し、ということにしておきたいと思います。ではまた。

1_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

鈴木瑛美子という子がすごい。

たまたまテレビを見ていたら、関ジャニ∞の音楽王、という番組で「カラオケ王決定戦」というのをやっていて、王座・新妻聖子に挑戦!とかいうのを最後まで見てしまいました。

中でも圧巻は、途中で敗れたけど、ゴスペル女子高生の鈴木瑛美子という子。笑顔が素敵な、読者モデルでもやっていそうなルックスとは異なり、ものすごいパワフルな歌唱力の持ち主です。テレビでも紹介されていましたが、湖池屋のポテチCMで注目を集め、youtubeやツイッターの参照数もすごいようです。

検索してみると、千葉県在住で、袖ケ浦高校の3年生だそうです。同県人として、応援したくなってしまいました。プロデビューしたらチェック入れるからねぇ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

「想い出のアニメライブラリー」というシリーズが凄すぎ

ヤフーオークションで検索していて見つけたのですが、「想い出のアニメライブラリー」というDVD-BOXのシリーズが凄いです。基本的にみなデジタルリマスター、全話収録のようで、ラインナップが垂涎もの。ハッスルパンチ、宇宙パトロールホッパ、宇宙少年ソラン、冒険ガボテン島、8マン、鉄人28号など、モノクロアニメの傑作から、もーれつア太郎、いなかっぺ大将、のらくろ(お爺さんの若いころの話ね)、エトセトラ。思わず衝動買いしたい気持ちを抑えて、今思案中です。amazonではそこそこ値引もしていますし、オークションでは思わぬ安値に出くわすことも。団塊世代の少しあとの、今50代のお父様たち、いかがですか。画像は「宇宙パトロールホッパ」のパッケージ。

Sim

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

好きな歌謡曲 その2 南沙織:潮風のメロディー

今日取り上げるのは、南沙織のセカンド・シングル「潮風のメロディー」。有馬三恵子作詞、筒美京平作曲・編曲。新品で買った初めてのレコードです。1971年10月1日リリースとあります。私は中学1年生でした。最初にはまったアイドルが南沙織でして、月刊明星の付録のポスターを部屋に張って、親にあきれられていたのを思い出します。

当時のテレビは、今のような形のバラエティ番組やトーク番組がなかったので、アイドルの素顔を知る手段というのは、芸能雑誌しかありませんでした。お金のある人は、ファンクラブに入って、機関誌を送ってもらう、という手もありましたが。それももちろん、プロダクションが創作した「素顔」だったわけですが。40年後に、ネットで(無料で)ブログや公式サイトが見られるような時代が来るとは思いもしませんでした。

南沙織は、新・三人娘とマスコミが名付けた、天地真理・小柳ルミ子・南沙織の三人の一員でしたが、天地真理は別として、他の二人は歌手専業という色彩が濃かった。天地・南はCBSソニーの所属なので、小柳を除いて奈良富士子を加えた「CBSソニー三人娘」というのを標榜したこともありましたが、定着しませんでした。

歌のほうですが、「沖縄にすごく歌がうまい子がいる」と評判になってスカウトされた、というだけあって、伸びのある歌唱が心地よいです。アレンジも(ツィターか?)ハワイアンギター的な使い方をして、南国気分を強調しています。このあたりから、すっかり筒美京平マジックの虜となってしまった、私でした。

1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きな歌謡曲 その1 井上順:お世話になりました

これから時々、好きな歌謡曲について書いていこうと思います。

第1回目は、井上順(当時は井上順之)の「お世話になりました」。1971年9月25日リリース、山上路夫作詞、筒美京平作曲・編曲。(ウィキペディアによる)

小学6年生の時だったと思いますが、中古のシングルで購入した、自分のお小遣いで買った最初のレコードです。当時はジュークボックスというものがあって、コインを入れると棚からシングル盤を取り出して一曲自動演奏するという機械だったのですが、これに使用した中古のシングル盤が、よくワゴンセールで売られていました。いくらで買ったかなあ。

井上順は、今ではピタゴラスイッチの「テレビのジョン」くらいしか仕事がない、という印象ですが(去年は大河ドラマに出ていたが)、当時はザ・スパイダースで堺正章と人気を二分し、解散後もアイドル人気はすごいものがありました。たしか、ラジオでは冠番組も持っていたはずです。CMにもよく出ていたなあ。

肝心の、曲に触れるのを忘れていました。下宿を引き払って明日街を出ていくという青年の、どこかほのぼのとした回顧の歌です。メロディーやアレンジが、歌詞の良さを引き立てていると思います。順ちゃんの歌唱力は、う~ん、という感じですが、この曲に限っては、朴訥な青年の性格にマッチしている歌い方、という気がします。考えてみると、ここから私の筒美京平遍歴は始まっていたんですねぇ。

1



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ