« 2016年4月 | トップページ | 2017年5月 »

2016年8月18日 (木)

長崎に行ってきました(ハウステンボスと精霊流し)

ソラシドエアの安い飛行機を使って、長崎へ一家三人で行ってきました。安いとはいっても、お盆シーズンのチケットが一番高い時期。なぜその時を選んだかというと、8月15日の「精霊流し」を見物したかったからです。

14日朝のフライトで長崎空港につくとすぐ、空港バスでハウステンボスへ。園外の「ホテルローレライ」に宿泊して、2日間、ハウステンボスを堪能しました。息子のゆう君が最初に入りたがったのが、木造の5階建て立体迷路。スタンプラリーになっていて、中の5か所でスタンプを押してくればミッションクリアとなるのですが、これが実に難しく、1時間ずっと中を歩き回り、はしごや階段を上がったり降りたり、へとへとになりました。若さが欲しい…あと、いろいろなアトラクションを楽しんだのですが、「ザ・ヴァーチャル」というゴーグル型端末を着けて遊ぶのと、往年のアーケードゲームが無料で楽しめる「ゲームミュージアム」というのが面白かった。ブロック崩し、スペースインベーダーから始まって、いろいろ取り揃えてありまして、ゆう君はエレベーターアクションというゲームにすっかりはまってしまいました。余談ですが、ホテルローレライは、夕食ビュッフェに1400円プラスすると、ズワイガニが食べ放題になるので、3人で満腹するまで食べました。

15日の午後、ハウステンボス駅からJRの快速列車で長崎市へ。日中から爆竹や打ち上げ花火を鳴らして、大きな「舟」を持った人たちが往来を練り歩いています。精霊流しというと、さだまさしの歌が有名ですが、あの哀切綿々とした曲調とは違って、すごく賑やかなものです。そういえば、さだまさしのお母さんが今年新盆だそうで、フリーフライト印の付いた「佐田家」の巨大な舟も見ることができました。さだまさし本人もいたそうですが、確認できませんでした。リンガーハット経営の「浜勝」という卓袱(しっぽく)料理の店で、コース料理を食べました。帰りは舟を流すところを見ようというので、港まで行ってみましたが、空地に舟を集めて、パワーショベルでつぶしていました。カミサンが若いころ見た精霊流しは、実際に海に舟を浮かべて流していたそうですが…

16日は観光バスで長崎市内を回り、原爆資料館、歴史文化博物館、眼鏡橋、グラバー園などを見てきました。3時ごろ解散になり、中華街でちゃんぽんと皿うどんを食べました。ファミレスで食べるのとは一味違って、良かったです。台風が関東に接近していて、飛行機が飛ばないかも、という話だったので、早めに空港へ行って待ちましたが、40分遅れでどうやら無事に羽田に着きました。その後、アクアラインを通って暴風雨の中を帰宅するのが一苦労でしたが…そういえば、歴史文化博物館ではなぜか「エヴァンゲリオン展」をやっていて、ゆう君は見たがっていましたが、時間がないので割愛しました。エヴァンゲリオンのどこが歴史文化なんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2017年5月 »