« 2016年3月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年4月30日 (土)

富士急ハイランドへ行ってきました

親子3人で、富士急ハイランドへ、一泊二日で行ってきました。

朝早く、自動車で千葉県南部(外房方面)から出かけたのですが、圏央道と東京湾アクアラインを使い、中央高速を使っていくと、約3時間半でついてしまいました。案外近い。

目の前に雄大な富士山がでーんと鎮座していて、それをながめながらの絶叫マシン体験というのは、癖になりそうです。でも、ゆう君がビビっちゃっているので、もう来ないかも。

コースターはフジヤマとドドンパに乗りましたが、フジヤマは年齢制限も緩いし、そう恐くないだろうと思ったら、とんでもない。高低差がものすごくて、後半はねじれにねじれ、結構スリルきてました。ドドンパは確かにものすごい高速体験ですが、ゆう君いわく「5秒で慣れた」。このほうが怖さはさほどではなかったようです。

あと、絶叫系ではトンデミーナというのに乗りましたが、これも結構高いところまで上がるので、子供には恐怖なようです。私はそれほど苦になりませんでしたけど。

ホラー系では、血に飢えた病棟と、ゲゲゲの妖怪屋敷に入りました。いずれも、音声で怖がらせるタイプのアトラクションで、一見地味な感じですが、血に飢えた病棟は想像力豊かな人にはビビり物かも。ゲゲゲのほうは、単なるラジオドラマみたいで、全然怖くなく、幼年向きという感じでした。絶凶・戦慄迷宮という、日本一怖いウォークスルー型のホラーハウスというのがあるのですが、これはゆう君が最後までビビッて、入りませんでした。

ゆう君が一番はまったのは、絶望要塞という、スパイになって敵の要塞に潜入し、ミッションをクリアする、というアトラクションです。2回やりましたが、2ステージ目であえなく撃沈、ミッション終了。ゆう君はもっとやりたいようでしたが、若い人に人気のアトラクションで、結構待つようだったので、それまでにしました。

あと、ゆう君が気に入ったのは、とっとこハム太郎のコーナーと、かいけつゾロリのコーナー。おいおおい、もう5年生だろ、お前さん。怖くなくて、低年齢層向きという感じでした。

ゴールデンウィーク中は、自転車や縄跳びのチャンピオンが来所して、超絶演技を見せてくれる、というコーナーがあり、ゆう君は熱中して見ていました。たしかに凄い。

宿泊は、オフィシャルホテルの、ハイランドリゾート ホテル&スパという、すぐ目の前にあるホテルに泊まりました。オープンして30年たつそうですが、最近リフォームしたせいか、とてもきれいで、快適でした。客室の窓からは富士山がきれいに見えて、とても得した気分。料理も結構でした。従業員の方々もフレンドリーで、大変お世話になりました。オプションで屋上に上り、富士山をバックに記念撮影するという体験もできて、よかったです。

2日目の今日は、早めに切り上げてきましたが、渋滞もなくすいすい帰れました。初日の昨日(往路)は、朝早いというのに、小仏トンネルを先頭にわりと渋滞。これがいつもラジオの交通情報で言っているやつかー、と納得でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年8月 »